市民活動家・研究者(前千葉県議会議員)

◆ 川本幸立のブログ

<< 「水俣・千葉展」おわる | main | 高規格道路か?生活か? >>
川本幸立が選ぶ08年県政10大ニュース
0

     1.代表質問で堂本県政の2期7年半を問い、「八百長と学芸会」県議会の改革に向けて「3つの提言」(/緻眠爾虜回しを行わず、オープンな議場で意思決定を、⇒住司埓過程と事業毎のデータの公表を、6軌採用事件を踏まえ「口利き」の文書化を)を行う。政務調査費の全面公開実施(09年度分から)決まる。
    2.道路特定財源の一般財源化の中、高規格道路推進行政やまず。県民一人60万円の借金を抱える中、政府の補助金、交付金による誘導を拒否し、直轄事業負担金凍結を決断すべき。
    3.県負担760億円(利息含む)の八ツ場ダム事業の超党派による徹底検証と見直しに向けて61名で1都5県議会議員の会が発足。裁判および議会で治水、利水上、ダムが不要であることが一層明白に。
    4.九条世界会議、幕張で開催、県内の「九条の会」組織335に達する。軍拡の連鎖を九条で断ち切ることが求められる。「サブプライムローン証券化」問題に端を発した金融危機・雇用問題の中、憲法25条、27条にも注目が集まる。

    5.迎撃ミサイル発射実験を終えた帰りの海上自衛隊イージス艦「あたご」が漁船「清徳丸」に衝突・沈没させる。
    6.三番瀬漁業補償で地方財政法3条違反の66億円支出を自公民が可決、「ラムサール登録」申請も見送る。
    7.富津田倉産廃処分場差止め判決確定する。安定型産廃最終処分場の廃止など関係法令の抜本的見直しを求める。森林や景観保全がクローズアップされる中、「山が消える」富津・鬼泪山「国有林」の山砂採取の請願に自公が賛成、(株)ちばぎん総研の企業モラルと説明責任も問われる。
    8.チッソ五井工場があり、昭和電工発祥の地である千葉県ではじめての水俣展=「水俣・千葉展」開催される。「社会的費用」を負担せずツケを国民にまわし公害を生み出した政財官一体構造は未だ変わらず。
    9.5施設の機能を1箇所に統合する「総合医療センター構想」がようやく白紙に。今後、地方独立法人化検討で赤字病院の切り捨てに要注意
    10.八千代西高校入学式排除問題起きる。千葉県検証改善委員会が学力テストの結果を踏まえて「3つの提言」(経済的に恵まれない地域、非通塾の生徒の多い学校、学力の低い層への行財政支援)を発表。浦安スクールセクハラ裁判、行徳高校裁判、特別指導による自主退学の強要問題などで学校現場の密室性の改善、一人ひとりと向き合う環境づくりなどの課題がクローズアップされる。教育委員の名誉職化と会議の形骸化を批判する。

    Posted by : 川本幸立 | 活動記録 | 17:27 | - | - | - | - |
    TOP