市民活動家・研究者(前千葉県議会議員)

◆ 川本幸立のブログ

<< 6月県議会県土整備常任委員会(6月14日)報告
〜アクアライン社会実験、圏央道計画
| main | 県議会県土整備常任委員会(6月14日)報告
〜八ツ場ダム建設代替地の安全性について >>
県議会県土整備常任委員会(6月14日)報告
〜一宮海岸侵食対策
0

     
    昨年、一宮海岸のヘッドランドなど侵食対策事業の視察に行き、常任委員会でも何度か取り上げてきた。一方、一宮の住民組織の「一宮海岸環境を考える会」は、今年2月に「千葉県長生郡一宮海岸侵食対策事業6号ヘッドランド(人工岬)工事を一時中止する要望」を前原国交相、森田知事、一宮町長あて署名を添えて提出した。

    ヘッドランドなどの人工構造物による侵食対策は、膨大な費用に比較しその効果が疑われ、景観、自然環境面では明らかにマイナスである。抜本的な見直しは必然と思われる。

     
    ●県土整備常任委員会質疑応答詳細

    ・「一宮の海岸環境を考える会」の要望に対する県の対応

    【川本】
    2月定例議会の本常任委員会で、ヘッドランドの有効性などについて質した。「一宮の海岸環境を考える会」が工事の一部中止と見直しを求める署名4万4千を添えて県に提出したと聞いている。
    そこで伺う。

    1.「一宮の海岸環境を考える会」の要望内容とそれへの対応状況について伺いたい。
    2.「一宮の魅力ある海岸づくり会議」と今後の工事の進め方についてはどうか。
    3.アカウミガメの上陸・産卵、ミユビシギの状況はどうか。

    【大林河川整備課長】
    1.「一宮の海岸環境を考える会」から平成22年2月10日にヘッドランド工事の一時中止を求める要望書が、知事宛に提出されました。
     要望の内容は、
     ―嗣韻紡个垢訐睫晴颪判淑な意見交換の実施
     海岸利用者への配慮と景観を保つこと
     4洩厩臚韻龍┻腸颪寮瀉屬筏’重な運用
    です。
    今後は、一宮海岸の魅力ある海岸づくりにあたり、県・町・地元の方々・海岸利用者・学識経験者等が一堂に会し、話し合いを行う場として「一宮の魅力ある海岸づくり会議」を設立することとしました。
    なお、一時中止を求められた6号ヘッドランドの工事については、署名の提出時に既に工事を施工しており、工事を中断した場合、基礎工が損壊する恐れがあることなどを説明し、ご納得を頂き平成21年度工事を継続しました。
    2.「一宮の魅力ある海岸づくり会議」は、地元住民、海岸利用者、学識経験者、一宮町、県で構成され、事務局を一宮町と県の長生地域整備センターに置き、防護、利用及び環境を考慮した侵食対策について協議を進め、魅力ある海岸づくりに資することを目的として、設立することとしました。
    第1回の会議を平成22年6月27日に一宮町で開催する予定です。
    今後の工事の進め方については、一宮海岸の侵食対策として引き続きヘッドランドの整備を行うとともに養浜工事を実施してまいります。
    3.アカウミガメについては平成17年度に一宮海岸において産卵が確認されています。平成18年度以降についてはアカウミガメは一宮町への聞き取りによっても確認されていません。
    また、ミユビシギについては、一宮海岸を含め九十九里浜で生息が確認されているようですが、具体的な生息状況については把握しておりません。

    【川本】
    「考える会」の要望書では、住民の納得を得られるまで、6号ヘッドランドについては当面工事を延期することを要望しているが。

    【河川整備課長】
    「一宮の海岸づくり会議」の中で、説明を申し上げて、工事を進めていきたいと思います。

    【川本】
    「一宮の海岸づくり会議」(協議会)の議論内容を尊重するということか。

    【河川整備課長】
    県としては必要な事業と考えておりますので、説明を申し上げて工事をすすめていきたいと思います。

    ・専門家も参加した生態環境の調査と協議会の総意に基づく事業の遂行を

    【川本】
    ヘッドランドの効果については疑問が出されている。ほぼ完成している2号と3号の真ん中は、砂浜が侵食している。一方、太東海水浴場はヘッドランドがなくとも侵食がない。ヘッドランド工事の評価をしっかり実施する機会ととらえるべきではないか。
    また、生態環境の調査が不十分だ。協議会には生態系の専門家も加わってヘッドランドの効果を検証することが必要と考えるが。

    【河川整備課長】
    「一宮の海岸づくり会議」の委員に九十九里浜自然誌博物館長の秋山先生に参加していただくようお願いしています。

    【川本】
    生態系の調査をしっかりやってもらいたい。何が何でもヘッドランド工事をやるということではなく、協議会の総意を今後の事業に反映させてもらいたい。

    Posted by : 川本幸立 | ◆)2010年06月定例 | 17:43 | - | - | - | - |
    TOP