市民活動家・研究者(前千葉県議会議員)

◆ 川本幸立のブログ

<< 「生」か「不活化」かではなく、
ポリオの予防接種そのものの廃止を
| main | 原発のストレステスト
(シュミレーションによる安全性総合評価)の課題
〜関電大飯原発3号機ストレステスト結果報告が
保安院に提出される >>
対話の重視と地方自治・地域コミュニティ
0
      25日は丸一日(午前9時半〜午後5時半)、建築士法に基づく建築士の定期講習を受けました。2005年11月に表面化した耐震偽装事件の再発防止と設計業務の適正化を担保するための一つとして、法が改正され「建築事務所に所属する建築士は、原則3年以内ごとに定期講習を受けること」が義務化されたことによるものです。
     なお、耐震偽装問題については、私自身も「耐震偽装問題とバイオ施設の耐震安全性」などでその構造的な背景、本質的な課題を指摘してきました。

     さて、建築士法の改正により建築士等に対する罰則が強化されましたが、「手続き違反に係る罰則」では、「中間検査・完了検査について虚偽の申請をした者は、1年以下の懲役または100万円以下の罰金」に処すことが定められました。(第99条第1項第3号、従来は30万円以下の罰金)
    虚偽申請と言えば、昨年発覚した農林水産部出先機関の安房農林振興センターの虚偽の完成報告を思い出します。当時私は、虚偽報告に関わる検査等にあたった職員は自治法243条の2により損害賠償責任を負うべきことを議会で主張しましたが、結局、県の処分は虚偽報告に関わった3名は最も軽い懲戒処分である「戒告」でした。これ一つみても官(身内)に甘い制度であり処分でした。

    ●「対話で変えられる」

     この講習の帰りに、土気のBOOK OFFに立ち寄り、たまたま目にした「ぼくがイラクへ行った理由(わけ)」(今井紀昭著、コモンズ、2004年7月)を購入しました。
    イラク・ファルージャ近郊で高遠菜穂子さんらと「人質」(2004年4月7日〜15日)となった当時19歳の著者によるこの書物は、「市民とは何か」「生きる意味」について多くのことを示唆してくれます。

    その一つ「対話で変えられる」を以下に抜粋します。
    −今回の事件で、高遠さんが拘束中に犯人グループに話しかけるのを見ていて、考え方が違う人でも対話によって少しずつ考えが変わっていくことがよくわかりました。
     高遠さんが武装グループに「武器を持って戦うしかないの?他に道はないの?」と提案したとき、彼らは初め「武器を持たないと戦えない」と答えました。でも、彼らも米国との戦いで仲間のイラク人が死んでいくことに矛盾があると思っています。だから、二時間ぐらい議論した後で、ぼくたちに「われわれも別の道を探したい。アドバイスをほしい」と言ってきたのです。
    対話によって、少しずつですが、変わっていきます。彼らはいまは武器をとって戦うしか方法がないかもしれません。けれども変わるチャンスはきっとあります。そしてそのチャンスは対話によってこそつくれるはずです。そうした対話のきっかけを、フリーライターとしても市民運動でも実践していきたいと思います−(148頁)

    ● 「対話」を否定する橋下大阪府知事と地方自治

    ちょうどこの本を読みおわったところで、今日(27日)の「毎日」朝刊「論壇を読む」の中島岳志氏(北海道大学准教授)の一文「大阪W選と民主主義」が目に入りました。
    既得権益パッシングによって「民意」を引きつけ、高い支持率に支えられて「独裁」の必要性を叫ぶ橋下について、「単純化」「短絡化」、メディアと一体になった「集団催眠」的手法、「対話が成り立たない」が故に、橋下に人気が集まるという構造、という「文芸春秋」11月号での平松大阪市長の指摘が紹介されています。
    「自己の「恣意的な価値観」と異なる人間に「守旧派」というレッテルを張り、「敵」として人蹴する。この独善的で非対話的な姿が、不満や閉塞感の漂う社会の中でヒーロー化してしまう」

    「憎悪や敵意の思想」の行き着くところは、「切捨て」「思考停止」です。
    一方、地方自治・地域コミュニティを支えるのは「個人の自立」「連帯の思想」「協力の思想」です。
    橋下の支持の度合いは、大阪のコミュニティ・個人の自立度の危機的状況を映し出していると思います。一層の独裁化と「大阪都」構想ではますます深刻化するだけです。

    (注)「大阪都構想」に未来がないことは「「大阪都構想」を越えて〜問われる日本の民主主義と地方自治」((社)大阪自治体問題研究所、公人の友社、2011年4月)に詳しい。

    ■米国報告Д轡ゴ建築
     シカゴはライトとミースが活躍した街です。オークパークにも行きたかったのですが、日程の関係でシカゴ川クルーズで我慢しました。また飛び込みで宿泊したホテル「シルバースミス」は1897年建築の由緒ある建物でした。(朝食付きシングルで税込み180ドルしましたが・・。)

    111027-1  111027-2  111027-3
    111027-4  111027-5  111027-6
    111027-7  111027-8




    Posted by : 川本幸立 | - | 23:45 | - | - | - | - |
    TOP