市民活動家・研究者(前千葉県議会議員)

◆ 川本幸立のブログ

<< 原発メーカーから寄付を受けた御用学者が
主導し傍聴者を締め出す
「ストレステスト意見聴取会」は茶番〜
「脱原発世界会議」登壇者有志が
ストレステストで緊急声明!
| main | もんじゅ予算300億円はそのままで消費税増税をごり押しする野田「松下政経塾」政権 〜1/22「毎日新聞」記事「政官業学結ぶ原子力マネー」は必読 >>
野田首相の唯一の功績は「松下政経塾」の「実力」を世に知らしめたこと
0
      総選挙が近いのか私の家の周辺でも選挙ポスターが目立ちます。緑区の自民党・松野ひろかず氏のポスターには今まであった「松下政経塾」という言葉がありません。
     「選挙で公約したことをやらず、しないことをやる」野田首相の唯一の功績は「松下政経塾」の「実力」を世に知らしめたことだと思います。


    ● 「国民の利益」を言うなら、比例定数の大幅削減ではなく、ゝ聴特権廃止、¬碓佞鮓正に反映する選挙制度改革、根拠のない公共事業の見直し、ど垳平税制の是正、を

    さて、民主党は消費税増税の前提として国会議員定数削減などの「身を切る改革」が必要として衆院議員定数「比例代表180→100」、「小選挙区300→295」の計85を削減するとしています。消費税増税については別途批判したいと思います。
     定数削減すれば国民生活に何がプラスになるのかと言えば、50億円余りの議員歳費が削れるということだそうです。
     むしろ議員歳費削減の観点から考えるのであれば政党交付金(約320億円(2012年度))、文書通信交通滞在費(月100万円/人)、立法事務費(月65万円/人)、公用車など「議員特権」制度を削減対象にすべきでしょう。(『青島顕の政治時評』「週刊金曜日」2012.1.20)
     
     それ以上に、額ではケタの違う高速道路、ダム、大規模開発などの不要不急の公共事業の中止や削減、防衛費の大幅削減で支出を減らし、不公平税制の是正で収入を増やす(例えば、『消費税をゼロにしても財源は30兆円もある』不公平な税制をただす会インタビュー「週刊金曜日」2012.1.20)ことに政治がきちんと取り組み、議員歳費を有効に利用していることを国民にアピールすることが本筋です。
     
     09年8月の総選挙の小選挙区制で、民主党は47.4%の得票で73.7%の議席を占有し、自民党は38.6%の得票で21.3%を占有、共産と社民はあわせて6.1%の得票で、議席占有は社民の1%しかありません。死票が46.3%=3270万票にのぼりました。

     小選挙区制導入による2大政党制の推進は、民意が公正に反映しない状況を作り出しており、民主主義とは根本的に相容れません。民意の公正な反映を最優先する立場から、小選挙区制を廃止すべきでしょう。

    Posted by : 川本幸立 | 小選挙区制 | 20:43 | - | - | - | - |
    TOP