市民活動家・研究者(前千葉県議会議員)

◆ 川本幸立のブログ

<< 作り出された「インフルエンザ恐怖社会」、恐怖心をあおりたて病院へ行かせることを目的化した日本の医療の異常な実態 〜「インフルエンザと闘うな!〜ワクチン・タミフルより『ぬれマスク』」(臼田篤伸著・農文協)のご一読を! | main | メディアと野田政権による北朝鮮「人工衛星」をめぐるバカ騒ぎを考える >>
「従来の枠組み」(= 嵬燭茲蠅皀ネ」の政府、原発マネーに頼るしかない「地元」、E杜浪饉劼らカネをもらった委員が多数の審査機関)を変えることが再稼動阻止の道
0
     ●「再稼動安全基準」は、「一次評価」を化粧直ししただけの茶番

     関西電力大飯原発3、4号機について、ストレステスト「一次評価」だけでは原発再稼動の世論がつくれないとわかると、野田首相と枝野経産相ら3閣僚はたった2日間で「再稼動安全基準」をつくり、6日夜この新たな判断基準を決定しました。関電は週明けにも中長期についての安全対策についての実施計画を提出する方針と報道されています。
     来週にも枝野経産相が福井県を訪問し、西川知事らに再稼動を要請するようです。
    (「毎日」4月7日朝刊)

     安全基準では、大飯原発では、防波堤のかさ上げ、免震事務棟の新設、発電所へのアクセス道路の整備、フィルター付ベントの設置は後回しとし、「すぐできるものだけをつまみぐい」(井野博満・東大名誉教授、「毎日」同)したもので、結局ストレステスト「一次評価」の化粧直しに過ぎません。

     一方、藤村修官房長官は5日の記者会見で、「法律などで地元の合意は義務付けられていない」と地元の同意は必ずしも再稼動の前提条件にならないとの見解を示し、「同意を得ているかは政府が判断する」と述べたそうです。(「毎日」4月6日朝刊)
     東電福島第一原発事故による地域の悲惨な実態をみれば従来の法律や枠組みがもはや通用しないことは明らかです。そもそも憲法では国民主権を規定しています。再稼動云々を議論する前に、欠陥だらけの法律や枠組みを根本から改めることです。

     野田民主党政権は今や、権力欲だけで政治「家」になり、公約した事はやらず、公約にないことばかりを実行しています。国民の多数が反対してもそれを無視することを「リーダーシップ」の発揮と強弁し、「命より経済=カネ」を信条にするバカ殿閣僚の寄せ集まりという実態をさらけ出しています。これが松下政経塾の「教え」ということなのでしょう。

    ● 昨年6月の政府方針と、歴代政権の地域振興策の抜本的な見直しを

     プラント技術者の会が編集したストレステスト評価Q&A「原発・危険な再稼動への道」にも指摘されていますが、ストレステストを行う政府の方針は昨年6月18日の経産相の声明から一貫して、
     仝業の再稼動は震災復興と日本経済再生のために不可欠だ。
    ◆_畊鷸故を及ぼした施設の損傷は直接には、「地震ではなく津波と水素爆発による」もので「従来の枠組みで問題ない」し、「安全の確認も行われている」けれども、国民・住民から疑問の声が多いので、ストレステストを実施することとした。
     ストレステスト結果の妥当性は「従来の枠組み」で確認する。
    というものです。

     本来、この昨年6月の「政府の方針」と、政府が全国総合開発計画で一貫してとってきた原発にすがらないと存続できない「地域振興政策」の2つを抜本的に見直すことが不可欠です。「命・健康よりもカネ」の政府、原発マネーがないと存続できない立地「自治体」(=「地元」)、電力会社からカネをもらった委員が多数の審査機関という「従来の枠組み」では、「再稼動」の方に向かうのは明らかです。

    ● 原発マネーを受け取る委員が多数の審査機関
     〜ストレステスト意見聴取会の奈良林直氏(北海道大学大学院教授)も150万円

    朝日新聞によれば、原発の安全性を審議する福井県原子力安全専門委員会の委員12人のうち、4人が2006〜2010年度に関西電力の関連団体から計790万円、1人が電力会社と原発メーカーから計700万円の寄付を受けているそうです。

     また、経産省の原子力安全・保安院のストレステスト「意見聴取会」の11人の委員のうち、司会進行役の岡本孝司(東大)が200万円、阿部豊(筑波大)が500万円、山口彰(阪大)が3億円超が原発マネーとの関わりを指摘されてきました。
    4月2日の「しんぶん赤旗」は、新たに奈良林直委員(北海道大学大学院教授)が150万円の奨学寄付を受け取っていることを報じています。情報公開で入手した2006〜2010年度の奨学寄附金の実績ということですが、同紙によると、「奨学寄付」は、企業や団体が「研究助成のため」などとして、寄付先の教授を指定して大学経由で行っているものの、使途については報告義務はないそうです。

     昨日のブログで紹介したワクチン問題では、タミフル薬害で、タミフルの副作用とその因果関係を評価する厚労省研究班に、タミフルを販売する製薬会社から金銭が渡っていることが明らかになり、寄付を貰っていた3名が研究班からはずされました。まだ厚生労働省の方がマシということでしょうか?

    Posted by : 川本幸立 | 東北・関東大震災と原発問題 | 22:46 | - | - | - | - |
    TOP