市民活動家・研究者(前千葉県議会議員)

◆ 川本幸立のブログ

<< 福島第一原発4号機燃料プールの残存耐震性の是非を判断するのに不可欠な4つのこと | main | ブックレット「分かりやすい放射能と放射線の知識」電子ブック版公開 >>
八ツ場ダム建設地再訪〜川原湯温泉の魅力
0
    政権にしがみつくだけの「嘘つき」民主党政権の象徴とも言える八ツ場ダム事業の建設地(群馬県吾妻郡長野原町)を訪ね川原湯温泉で一泊(25・26日)してきました。建設地を訪ねるのは3回目ですが、ゆっくりと湯につかり源頼朝ゆかりの800年の歴史を誇るという温泉場としての魅力(新緑・ひなびた風情・弱アルカリ性の湯・鳥のさえずり)を味わうのは初めてです。残念ながらムササビには出会えませんでしたが・・・。

     八ツ場ダム計画については4年間の県議時代、とりわけ治水について議会のたびごとに取り上げてきましたが、県土整備部の答弁からは「国が進める事業だから」という「居直り」を常に感じました。今回の私の関心は、宿や住民の方々の移転など代替地の状況、今後の地域づくりの見通しはどうなのかということでした。

     「やんば館」で県職員からダム関連工事の概要説明を受けた後、車で道路工事や代替地整備・移転の進捗状況について説明を受けました。人口減少社会に入りかつ大地震動の時代、持続可能な地域社会を考えたとき、この地域の課題の一つは代替地への移転後、新たな川原湯温泉がその魅了を今と同じように発揮できるかどうかということでしょう。
    ムササビがすみ鳥のさえずりが絶えない豊かな緑に囲まれ、斜面地を生かしたすばらしい眺望の露天風呂、ひなびた温泉街としての魅力などはどうなるのでしょうか・・・。

    ともかく、原発事故でも明らかになった歴代自民党政権が推進してきた東京一極集中による「地域振興策」の失敗を直視し、新自由主義的な国家政策を「分権型福祉国家による内発的発展の道」(「地域経済学」宮本憲一他編、有斐閣ブックス、1997年)に向けて転換させることが喫緊の課題であり全国に共通する課題であると改めて考えさせられました。

    今からでも遅くない、ダム工事をやめて800年の歴史のある川原湯温泉を今の場所で営業することが一番の「地域育て」となり未来の世代へのすばらしい遺産になると思います。

    【参考】2011年3月11日の2月県議会本会議の最終日討論から
    2点目に八ツ場ダム事業です。
    新年度予算では本体工事の予算がつけられています。私達は治水、利水に八ツ場ダムは無用であることを一貫して主張してきました。
    問題はダム予算に巨額の公費を投入してきたしわ寄せで、利根川の堤防強化対策がおろそかにされていることです。09年10月の1都5県の知事声明では「利根川の堤防や堤防下の地盤からの漏水がいたるところで発生しており、そのまま放置すれば堤防決壊につながる可能性がある」と指摘していますが、堤防の強化対策はダムではなく、堤防と地盤の強化工事による対策しかありません。
    昨年9月1日の防災の日に、NHKが「首都水没」という番組を放送しましたが、そこでは堤防の安全基準を満たしていないものが利根川で57%、荒川で62%などあり、堤防が決壊し最悪の場合は死者が6300人、孤立者110万人になるという内容でした。
    流域住民の安全を確保することを一番に考えれば、県は八ツ場ダム事業を推進するのではなく、国に対してダム偏重施策を改め、河川改修、堤防の強化をこそ求めるべきです。

    ---------------------------------------------------------------------------
    川原湯温泉
    120528-o01
    120528-o02
    営業を続ける山木館
    120528-o03
    露天風呂
    120528-o04
    宿泊施設からの眺め
    120528-o05
    共同湯の裏手
    120528-o06
    現在の源泉
    120528-o08120528-o07
    温泉宿の移転後
    120528-o09
    温泉街への道
    120528-o10
    JR川原湯温泉駅
    120528-o13120528-o11120528-o12
    川原湯温泉代替地
    120528-o14
    対岸の代替地から川原湯温泉を望む
    120528-o15
    代替地の移転した民家
    120528-o16
    民家の移転した跡。赤い紐は伐採の目印

    ---------------------------------------------------------------------------
    ダム関連工事
    120528-d01120528-d02
    不動橋(2号橋)
    120528-d04120528-d03
    (一号橋)
    120528-d05
    崩れたのり面の補修
    120528-d06
    丸岩大橋(3号橋)と丸岩
    120528-d07
    建設中の新JR

    Posted by : 川本幸立 | 活動記録 | 20:03 | - | - | - | - |
    TOP