市民活動家・研究者(前千葉県議会議員)

◆ 川本幸立のブログ

<< PM2.5を軽視してきた日本の環境行政〜背後にある「道路イデオロギー」=交通量主義 | main | 核発電所「新安全基準骨子案」にパブリック・コメントを提出しました >>
県知事選と「二分三行」
0
      今朝の朝刊(東京新聞千葉版)は「県政継続か 刷新か」の見出しで、明日28日に告示(来月17日投票)される知事選を報じています。

    地方自治の基本原則は憲法92条で、「地方が国から独立し住民の意思で、地方自治の組織や運営について事柄を決める」とし、団体自治と住民自治を基本とすることとされています。
    さらに憲法93条では、首長も議員も住民が直接選出するという「2元代表制」が規定されています。首長と議員は相互に競い合って住民に向き合い、住民自身が自治の担い手として自治体運営に参画し自分たちの生活をつくりだしていくという「住民自治」を柱にした自治体運営(住民福祉の充実に向けた制度化、税金の使途)に励まねばなりません。
    憲法99条では、首長、議員、公務員はこれらを定めた憲法を尊重し、守る義務があることを定めています。

    一方、首長や議員を選ぶ立場にある国民の責務については、「この憲法が保障する自由と権利は、国民自身の努力によって守らねばならない」(憲法12条)とされ、選挙時だけでなく常に首長、議会、議員が「団体自治」「住民自治」をしっかり推進しているかどうかを監視し、問題があれば時としてリコールなどで首を挿げ替えること(憲法15条)が求められています。
     
    「官僚の虜」化した千葉県議会の実態を1月8日のブログで指摘しました。一方で、知事はどうでしょうか?
     そもそも県官僚に「よきに計らえ」で、県庁に来ても午後3時には退庁していましたから、団体自治、住民自治などは頭の片隅にもありません。県官僚にとってこれほど都合の良い知事は全国でも例がないと思われます。
    しかし、こうした憲法に反する「愚かな実態」についてメディアも一番身近にいる議員の多数も一切報じず、語りません。

    昨年11月13日のブログで当時の石原都知事を評して、
    「政策、歴史、文化などにまともな見識がなくても週一度の非常勤で誰でもできる知事職、しかも税金で道楽三昧、一方、主権者意識がとぼしい多くの有権者にとって選挙は「旦那選びの人気投票」程度の認識しかないとくれば、ジャーナリズム精神の乏しいメディアの露出頻度の高い芸人が選挙に手を挙げるようになる・・・、これも石原の「犯罪」の一つで、森田、橋下、東国原らがその例でしょうが、問題はこういう方々に一票を投じる有権者が多数いるという現実でしょう」と記しました。

    小学校〜一般社会人を対象として、主権者の使命や住民自治の教育を充実し、一方、首長、議員には団体自治、住民自治、それぞれの使命などのそもそも論を学ぶ研修を義務付けることも考えるべきではないかと思います。

    ●森田知事就任1年の県政評価「評価に値しない」
    〜2010年4月7日「東京新聞千葉版」各会派の採点から


     3年前に森田知事1年の評価、期待を当時会派代表として記者から聞かれたので、思うことを率直に語りました。自民党は「合格点」、民主党は「政策は及第点」、公明党は「80点」、共産党は「つけようがない」、市民ネット・社民・無所属は「評価に値しない」という見出しで、当時の会派代表者による評価が掲載されています。

    再度読み返してみると、自民・公明・民主は森田知事を持ち上げる一方、私の評価が最も手厳しいものになっています。
    以下に、3年前の東京新聞に掲載された私の評価を掲載します。

    「『二分三行知事』だ。集中力は二分しか持たず、理解力は三行しかない。自分の考えがなく、知事として持つべき見識も持ち合わせていない。県議会では台本に頼り、自分の言葉で答えない。県幹部の手のひら上で踊らされているだけだ。
    東京アクアラインの料金値下げは、他の用途にも使えるお金を投入したが、なぜ福祉などより優先させたのか説明はない。子どもの医療費助成は、他の自治体が実施済みで、やって当たり前だ」 

    Posted by : 川本幸立 | 県行政 | 10:58 | - | - | - | - |
    TOP