市民活動家・研究者(前千葉県議会議員)

◆ 川本幸立のブログ

<< とけ9条の会 第77号 | main | アメリカ「トランプ」と安倍政権の北朝鮮政策 〜日本人の犠牲もやむおえない?!〜 >>
憲法九条制定の経緯年表
0

    一昨日、昨日の2日間、毎年恒例の「土気あすみが丘プラザ」(=千葉市のコミュニティセンター)まつりで「とけ・九条の会」の活動展示をし、私が作成した「憲法九条制定の経緯年表」「現憲法・明治憲法比較表」「平和バスツアー訪問地、米軍基地他地図」の3つの展示解説を担当しました。

     

    展示を見に来た自民党議員や私たちに「反日」という言葉を投げかけた方に、安倍九条改憲の目的が実は日米安保条約・行政協定の1952年密約「日米指揮権密約」(=日本軍の指揮権を米軍が握り、日本軍は米軍を守り世界展開する)内容を実現することに他ならないことを指摘し、その上で、「軍の指揮を他国に与え、治外法権を認める日本は独立国と言えるのか?」と尋ねると緑区選出の自民党のI市議は、「独立国と言えない、だから改憲するんだ」と矛盾することを言い、「反日」という言葉を投げかけた初老の男性は、「独立国ではない」と言う一方、「現憲法は、天皇を脅して作られたから認めるわけにはいかない、未だ明治憲法はいきている」としたので、「日本が受諾したポツダム宣言に、非軍事、国民主権、基本的人権の尊重の現憲法の3原則が降伏条件に明記されている、このポツダム宣言を認めないのか?」と問うと無言なので、「安保条約のどこに米国が必ず日本を守ると書いてあるのか?第5条は議会承認が前提だ。尖閣を含めた日本の防衛は日本が負う、在日米軍を守るのは日本の責務とされている」には「安保は日本を守らない」との返事。

     

    Posted by : 川本幸立 | とけ・九条の会 | 11:34 | - | - | - | - |
    TOP